epicurean

丈夫な胃袋を頼りにおいしいものを求めて西へ東へ♪

【東京23区】

「麺屋KABOちゃん」すいかと晩柑オレンジ

ダンスレッスンの後で麺屋KABOちゃんに行ってみました

まずは西瓜、レモンをキュッと絞っていただきます
シロップは手を加えすぎてない感じがいいと思う
トッピングの果肉は少し微妙でなくてもいいかも・・・


image

2杯目は晩柑オレンジ

知り合いのラーメン屋さんからもらったものらしいけど
店主さんは美生柑なのではないかとおっしゃっていたけど
所謂和製グレープフルーツの類のようですね

シロップ自体が甘さ控えめで素材を活かしているし
薄いピールが載っていてこれがシロップと馴染む
これを選んで良かったと思える一杯でした

image

店舗情報(食べログ) 麺屋KABOちゃん
北区西ヶ原1-54-1

美味しさが止まらない、「KHANHのベトナムキッチン 銀座999」の辛くて酸っぱいベトナムの魚鍋!

帝劇で観劇後、観劇仲間とベトナムキッチンへ♪
いい舞台を観た後のお酒と美味しい料理は
何より至福のひととき

サイゴンスペシャルで乾杯

image

揚げ春巻きはパクチーたれでいただきます

image

生春巻き ゴイクン まぁ定番料理ですよね

image


ラウ・ガー・チュア・カイ

この日楽しみにしていた辛くて酸っぱい魚鍋
前日までの予約が必要で2人前゜からになります

具はシンプルで白身魚・トマト・もやし・青菜のみ
中央のスープにくぐらせていただきますが
このスープが私の好みにどストライク
酸っぱくて辛いって最高☆☆☆

そうめんも付いているのでこれ一品でも結構お腹は膨れます

image


デザートはやっぱりチェー
たっぷり氷が入っていて思ったよりサッパリ

image

イケル口の友人がワインをボトルで注文したので
私も結構飲んでしまいました
お酒を飲むとしばしば頭痛に襲われるのに
不思議とそれもなく・・・
観劇とこの鍋のせいなのか?
とにかく楽しい一夜でした


店舗情報(公式) KHANHのベトナムキッチン999
中央区銀座5-1 GINZA5 B1

十条「ベストキッチン」の安すぎるディナーダルバート

食べ友さんをお誘いして十条の「ベストキッチン」へ♪
店名を聞いただけでは何の料理なのか分かりにくいけど
ネパール料理のお店です

最初はスープモモ、モモは出来立てでアツアツ
スープはわざとなのかちょっとぬるめながら
パクチーが効いていて美味しい

image


見よ、このメニューの安さを!
そもそもダルバード(ここではダルバット)が
ディナータイムに800円というだけでも圧倒的に安いのに
生ビールが150円とはねぇ、もちろんこれですよ

image

ダルバードはジャポニカ米?
とにかくご飯の量も半端なく多いし、
ダルスープもチキンカレーも
失礼ながらちゃんと作っているお味
ひとり暮らしだったりしたら夕飯作るより
ここで食べた方が安く付くんじゃないかなと
思う位驚異的なコスパのいいお店でした

板橋・十条方面は安い店が多くて羨ましい

image


店舗情報(食べログ) ベストキッチン
 北区上十条1-15-9

北品川「いちょうの木」わらびもちと桜いちご

北品川の「いちょうの木」には
天王洲銀河劇場に行く時に寄ることが多いのだけど
4月に1度行った時にはすでに閉店した後でガッカリ
営業時間はちゃんと調べないとダメですね

それから数日後リベンジで伺いましたが
平日の午前中なので空いてましたね

ここ数年のかき氷ブームの余波はついにこの店にも・・・
以前は他店とは一線を画す個性的な氷と自分で作るカスタマイズ氷、
さらに氷のお替りサービスなどもありましたが今はないのでしょうね

↓のようにかき氷らしいかき氷メニューが登場しています

image


わらびもち

インパクト満点のビロンと長いわらびもち
その下にはきな粉と生クリーム
さらに抹茶・黒豆クリームと盛りだくさん
氷自体の分量は少な目

上から底までひとすくいで、と書いてあるし
確かに全部を混ぜたものを味わいたいのだけど
その食べ方はとても出来なかった・・・
まだまだ修行不足たわね(笑)


image


桜いちご

ここの桜は桜あんですね
中に入っている緩めのカスタードが美味しい

個人的には桜あんはなくてもいいんだけど
全体のまとまりはいいですね
まぁ、店主さんがかき氷らしいかき氷と書いているだけあって
他にもありそうなかき氷ではありますが
誰にでも受け入れやすいかき氷だと思います

特筆すべきは削りが以前とは比べものにならない位
良くなったこと、以前とは全く違いますね
氷の温度管理も変ったのかもしれませんね

image

店舗情報(公式) 甘味処 いちょうの木
品川区北品川1-28-14

「アニュ」で食べ友さんのバースデーランチ!

前回何時行ったっけ?
というくらいご無沙汰だった広尾の「アニュ」
代官山の「ラ・ジュー・ドゥ・ラシェット」が気に入っていて
シェフとメートルの方がここに移られてから何度か伺いましたが
もうおふたりともここにはいらっしゃらないんですよね

とはいえ、メニュー構成はちゃんと引き継がれてます
ムニュ・ド・シャンパーニュは飲み物付きのコースでお得感あり
シャンパーニュ以外の飲み物も選べますが
乾杯にはやはりシャンパン♪

image



パンのお伴はホイップバターとオリーブオイルに変りましたね

image

前菜 白身魚のタルタル

このお皿が運ばれてきた時、思っていたのと違い過ぎて
間違えられたかと思ってしまった位、想像と違うビジュアルでした
野菜の間に丸くボール状になったのが実はタルタル
実際いただいてみると確かに生の白身魚なのが不思議だった位
ふきのとう、うずまきビーツ、スティックセニョールなどの
野菜の火の通し方がさすがです

image


主菜 ウズラのロースト 菜の花とアサリのナージュ

肉派ではないけれど、フレンチだと肉にすることが多い
ウズラは鶏よりも野性味があり
肉の弾力と脂の濃厚さが印象的でした


image

ア・ニュのナヴァラン・ダニョー仔羊肉のトマト煮込み

これは食べ友さんおふたりの主菜
これ、ふたりとも絶賛していたので次回あったらいただきたい


image

この店のいいところはプリフィクスメニューの選択肢が多いことと
追加料金メニューがほぼないことかな
デセールも同様で魅力的なメニューがズラリ

梅干しのファーブルトン ヨーグルトと日本酒のソルベ

ファーブルトンは普通プルーンなどが入った
もちっとした焼菓子のイメージで器入りのものは初めて
しかも梅干し入りなのです

フランス人シェフが和の素材に興味があり
梅干しと日本酒を使ったデザートになったと
説明を受けたのですが
お店のHPでは下野シェフとなっている
デセール専門のシェフということなのかしら?

何にせよ想像を上回る梅干しっぷりでした

image

ひとつでは収まらない私たちの食い意地
500円でもう一皿デセールを追加できるのが嬉しい

バニラのピュイ・ダムール グリオットのソルベ

そもそもがこれまでにピュイダムールを
食べたことがあるかどうかすら怪しいのだけど
普通はパイの中にカスタードとシブーストが入ったりしているらしい

これはパイ生地ではなくシュー生地、と言われた気がします
グリオットのソルベとソースが酸味があって美味しかったな

image

ずいぶん久しぶりだったけど、やはりこの店好きだわ
また折を見て伺いたいと思います♪

店舗情報(公式) アニュ ルトゥルヴェ・ヴー
渋谷区広尾5-19-4 SR広尾ビル1F

「厨菓子 くろぎ」のはちみつ冷奴

3月に初めて行った東大本郷キャンパス内の「くろぎ」
4月の限定をいただくために再訪しました

4月のかき氷ははちみつ冷奴、和食屋さんらしく
はちみつと豆腐を使ったかき氷ですが
ベリーのソースが添えられていたり
上に山椒がかかっていたりとやはり工夫は満載

3月のしょっぱかったかき氷よりはこの方が好きですね
一杯1400円は高いけれど、それでも月に1度くらいなら
まぁいいかと思わせる魅力はありますね

image

ここは朝9時から営業していて、この日は9時半頃に伺ったので
空いていてとてもゆったり出来ました
朝9時台、お薦めです♪


店舗情報(公式) 厨菓子くろぎ
文京区本郷7-3-1  東京大学 本郷キャンパス春日門側
ダイワユビキタス学術研究館1階

清澄白河「山食堂」のランチと柑橘のパフェ

ここ数年突如脚光を浴びた感のある「清澄白河」
実家の菩提寺があるので子供の頃から折に触れ
訪れていた私には驚きでしかありませんが
お墓参りに行った時などに立ち寄る店が出来たのは嬉しい

以前から行ってみたかった「山食堂」
お彼岸の時に伺ってみました

店内は打ちっぱなしのコンクリートで無機質なインテリア
テーブルも椅子も簡素なものです

ランチは2種類で、カレーかサラダとスープ
TARUIベーカリーのパン3種の付いたサラダ&スープにしました
サラダもスープも分量がたっぷりで味付けもいいし
パンとの相性もいいですね

image


せっかくなので、デザートも追加しました
柑橘のパフェとありましたが、この日は金柑でした
金柑のコンフィ・クリームチーズ・ヨーグルト・グラノーラ
などで構成されているパフェはこれまた食感豊か
いろいろな食感を楽しみたいのでこういうパフェは好き

image

ここから先は一寸した苦言です

フロア担当の女性と厨房の男性のやりとりが
聞きたくなくても聞こえてしまう場所にいて
おふたりの諍いにいたたまれない気分になりました
忙しくて大変なのは分かるし本人たちにしてみると
たわいのない口げんかなのかもしれないけれど
客に聞こえてしまうのを意識して欲しいなと思った



それ以外の接客はきちんとしているだけに余計残念ですが
4月は苺のパフェも出ると言うし、また行ってみるつもりです


店舗情報(facebook) 山食堂
江東区三好2-11-6桜ビル1A

ふらりと入ってみたら~「新潟三宝亭」の韮葱そばと貝柱入り焼売

基本的に一食と言えども失敗はしたくないので
全く知識のない店にふらっと入ることはしないのですが
この日は知っているお店がやっていなかった上に
あまり時間がなくしかも空腹という状況で
友人と入ってみようかっと飛び込みで
中目黒の「三宝亭」というお店に♪


image

酸辣湯麺と全とろ麻婆麺がメインメニュー
他に月替わりの麺と韮葱そば

一寸迷って韮葱そばにしました

濃い目の醤油ラーメンの上に具が乗っている感じですが
韮と葱と片栗粉でコーティングしたと思われる豚肉の
火の通し加減が絶妙でシャキシャキとして美味しい

image
焼売は割と普通かな

でもふらっと入った割にはまあまあ上手く行ったレアケース(笑)

image

店舗情報(公式) 新潟 三宝亭 東京ラボ 中目黒店
目黒区中目黒2-44-5

東大内「厨菓子くろぎ」のさくら氷

東大本郷キャンパス内にある「厨菓子くろぎ」
和食店として名を馳せる「くろぎ」の姉妹店

新国立競技場のプロジェクトでも有名な
隈研吾氏による斬新な建築の一角にあります

テイクアウトの和菓子とイートインメニューなのですが
イートインスペースの大半が屋外なので驚いた
電気毛布とひざ掛け、保温用の設えはあるものの
かき氷を食べるには寒すぎると思っていたら
屋内のお席が空いたので中に移動出来てホッ!


image


かき氷はさくらきな粉黒蜜の2種類
季節感のあるさくらにしましたが
こちら単品で1400円の高級価格

クリームチーズベースとの説明は受けていたけど、
さくらはほとんど感じられず
クリームチーズの油脂分と塩分が
どんどん蓄積されていくのがいささかしんどい

あんこ好きでない私でも中のこしあんをもっと増やしてくれと
心の中で叫んだ、それと付いていた黒蜜も
チーズとは合わないように感じてしまった

image

その後、黒みつは桜のシロップにも変更できるようになったらしく
クリームチーズのシロップも量を変更出来ると聞いたけど
もしまた行くなら番うものをいただきたい、と思います

image

店舗情報(公式) 厨菓子くろぎ
文京区本郷7-3-1  東京大学 本郷キャンパス春日門側
ダイワユビキタス学術研究館1階

千駄ヶ谷「モスクラシック」のチリバーガー

東京体育館でのイベントに出させていただいた後で
お仲間たちと寄ったのが「モスクラシック」
モスバーガーのアップグレードした店舗
以前神楽坂にあったものとコンセプトは一緒なのかしら?

私はチリバーガー

バーガー袋に押し込めて食べてもチリビーンズがはみ出してくる
この頃は病み上がりだったせいか結構満腹になりました

image


友人のアボカドバーガー

image
もうひとりの友人のチキンとクレソンのサラダ
バルサミコのドレッシングで美味しそうだったので
もしまた行く機会があったら今度はこれかな

image

店舗情報(公式) モスクラシック千駄ヶ谷店
渋谷区千駄ヶ谷1丁目8-11
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
最新記事
最新トラックバック
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
    Powered by KAYAC