epicurean

丈夫な胃袋を頼りにおいしいものを求めて西へ東へ♪

【牡蠣】

初築地場内でトキメキのソトアサ~「小田保」のあいなめバターと牡蠣フライ

あるお店で偶然かき氷の食べ友さんに遭遇
お互いに牡蠣が好きなことを知っているので
自然とその話題になり・・・

「築地行ってみたいんだけど、連れていって頂けますか?」

と図々しくおねだりしてみたら、了承してくれました

築地も場外なら何度も行ったことあるし、
ひとりでも行けるけど・・・
場内はハードル高いなぁ
ボヤボヤしてたら怒られそうだしなと躊躇していたのです

連れて行っていただいたのは「小田保」さん
以前からの憧れでしたが
両隣のお寿司屋さんは行列なのに
すんなり入れた、時間帯が良かったのかな
因みに行ったのは平日の朝8時頃です

外で朝食を食べることをソトアサと言いますけど
一応主婦なのでランチやディナーよりも
むしろ贅沢に感じるのですよね

image

牡蠣フライと牡蠣バター各3個の牡蠣ミックスが有名なのだけど
私は毎朝築地に通っている知り合いのfacebookで予習しておいたので
あいなめバター牡蠣フライをひとつ付けてもらいました
ここは牡蠣フライ、海老フライはひとつから追加可能なのです

期待に違わずどちらも美味しい
牡蠣フライはかなり大きくて食べ応えがあるけど
さっくりと揚がっていて後味はスッキリ

そして何よりあいなめバターですよ
あいなめ自体そんなにお目にかかれないけど
焼いて反った身から分かる新鮮さ
あっさりとした白身ながらバターのコクが加わり
これは美味しいわ~

image

今年築地場内市場は豊洲に移転してしまうけど
それまでにまた行ってみたいと妄想中!

店舗情報(食べログ) 小田保
中央区築地5-2-1築地市場 6号館

高田馬場「横浜ボンベイ」牡蠣のぷりぷり薬膳カレー

牡蠣のカレーが大好きな私、
高田馬場の「横浜ボンベイ」でもランチに
牡蠣の薬膳カレーが出ていると知って行ってみました

※牡蠣の薬膳カレーは3月だけの限定です

image

テーブルメニューには「牡蠣がたっぷり薬膳カレー」とあるのだけど
店内の張り紙には「牡蠣のぷりぷり薬膳カレー」とあった

大きな牡蠣が3っつ入っていました
牡蠣も美味しいけど、牡蠣のエキスの溶け込んだ
カレーがとても気に入りました


image




店舗情報(オフィシャルサイト)  横浜ボンベイ
新宿区高田馬場1-32-11 オザワビル1F

無性に牡蠣が食べたくて~四谷荒木町「キッチンたか」の牡蠣のバターソテー

目の前のやらねばならないことが片付いたら
あれ食べに行こうっとあれこれ夢想するのは食いしん坊の性

ある日、仕事が終わったら
とにかく牡蠣が食べたいっと言う思いが募り
足は四谷に向かいました

昨季は食べ逃してしまった「キッチンたか」の牡蠣のバターソテー
この店は昼から夜まで通し営業なのがありがたい

image


ランチタイムはいつも行列が出来てますが
昼食と夕食の間の中途半端な時間はさすがに先客なし

カウンター内でご主人が手際よく調理して
あっという間に出来上がりです

久しぶりの牡蠣バター、醤油味がかなり濃く汁もたっぷり
これがなんとも白飯とキャベツに合うんですよね!
付け合せのベーコン、ポテトサラダも嬉しい

今季いただいた淡路町のものと較べると表面の香ばしさは劣るものの
同じように大ぶりの牡蠣が6個で1200円はCPが高い
季節ごとに1度は食べたい一皿だと思います

image

店舗情報(Facebook)  キッチンたか
新宿区荒木町3-1

ふたりで行って両方食べたい~淡路町「とんかつ万平」の牡蠣フライと牡蠣バター焼

いつも行くお店で食べ友さんから
「神田淡路町に美味しい牡蠣フライを出すとんかつやさんがある」
との有力情報を得ました

早速検索してみると牡蠣フライと共に牡蠣バター焼もある!
まだ四谷の「キッチンたか」でしかいただいたことはないけど
個人的には牡蠣フライ以上にご飯に合う牡蠣バターは大好物

これはふたりで行って一気に両方食べてしまおうと
食べ友さんをお誘いして行ってきました


牡蠣バター焼

こんがり焼かれた牡蠣が6個
付け合せは繊切りキャベツ、くし切りのレモン、パセリ、
そしてキャベツの下には辛子が付いていました

全てのメニューにご飯、味噌汁、白菜づけが付いています

早速ひとつをパクリ
小麦粉かな、薄い衣を纏った牡蠣はカリっと香ばしく
水分も流れ出ることなくジューシーで美味しい

そのままでもレモンをかけても、辛子を付けても旨いっ!!
image


そしてもうひとつの牡蠣フライ

こちらも付け合せは同じでタルタルソースは付いていません

元々、私の実家では牡蠣フライは塩とレモンで食べていたので
ごはんのおかずというよりつまみという感が強いのだけど
初めて辛子と醤油で食べてみたら、うん、これならご飯に合うかも

この牡蠣フライ、特筆すべきは衣の薄さ
パン粉もかなり目の細かいものを使っているので
油っぽさ、しつこさがなくて後味がサッパリ

ひとりでも2度足を運べば両方いただけますが
(大食漢で懐に余裕があれば1度でも可能です)
ふたりで行くのをお奨めするのはまた別の食べ方を見つけたから・・・
それは、牡蠣フライに牡蠣バターのソースを付けて食べるというもの
醤油バターに牡蠣エキスの染み出たソースはご飯にもキャベツにも合うけど
牡蠣フライにも合うと私は感じました

ちなみに卓上に置いてある調味料はソースは1種類で
他に醤油、七味唐辛子はあったものの
私の好きなウスターソースはありませんでした
置いてある店の方が稀だしなくても十二分に美味しかった

今度は牡蠣バターに七味を掛けて食べようと目論んでいます


image

店舗情報(食べログ) とんかつ万平
千代田区神田須田町1-11
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
最新記事
最新トラックバック
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
    Powered by KAYAC