epicurean

丈夫な胃袋を頼りにおいしいものを求めて西へ東へ♪

2015年07月

「ねいろ屋」生産者にこだわったかき氷とらーめん

ねいろ屋さんのらーめんとかき氷を好きな理由はいろいろありますが
らーめん・かき氷に使う素材へのこだわりもそのひとつ

例えば、とある日の黒板には生産者の名を冠したメニューがずらり

image


苺は香川の森本ファームの女峰苺
桃はマルミツ農園
あんず、りんご、サワーチェリーは関さんこと長野のやまさ農園さんなど
それぞれ店主さんが惚れこんだ素材が使われています

この日私がいただいたのはサワーチェリー酒かすよーぐる

関さんのシャッテンモレロ(サワーチェリー)は
酸味とふっくらとした食感も残したままに
酒かすの香る酒かすよーぐると合わせたプレミアムかき氷
K点超え価格(1200円)も仕方ない、他では出会えない贅沢な一杯

image

関さんちのすもも

多分大石プラムだと思うのですが、加糖具合が絶妙
酸味の優った果実に加糖が過ぎると
口の中に甘味だけが溜まるのでとても難しいと思うんですよ
もちろん、好みの問題で酸味が嫌な方もいると思いますがね
とにかく、ねいろ屋さんは私のツボにぴったりはまるということです

image

関さんちのあんずミルク

〇〇ミルクというメニューはどこにでもあるのだけど
多分苺ミルクから始まったこの店発祥の提供方法

練乳の甘さに果実の持つ酸味をぶつけるという食べさせ方なのです
去年から始まったメニューだけど、今年はますます酸味を尖らせてくれて
なんて嬉しいのでしょう

この新月は酸味+食感も楽しめる一杯です


image


別の日いただいたのはサンファーム吉田さんのカシスミルク
こんな濃いカシス初めて、しかも中にもたっぷり入ってます
ミルクは私にはチョイ甘めに感じられますが
これもカシスの酸味を活かすためなんですよね

image


同じカシスでもこれは関さんちのカシス
店主さんの出身地愛媛のみかんに合わせています

image

マルミツ農園の桃(浅間白桃)

桃が嫌いなわけではありませんが
優先順位は低めなのでなかなかオーダーできません
これは友人が食べたものを少し味見させてもらったもの
次から次へと品種が変るので、桃好きさんは油断できませんよ!

image

サワーチェリーヨーグルミルク

このサワーチェリーはメテオールという品種
ノーススター、シャッテンモレロに次ぐ3種類目のサワーチェリーで
確かサンファーム吉田さんのもの

サワーチェリーはまだ日本では一般的ではないけれど
加工するなら絶対こちらに軍配が上がると思うな

image

あんずミルク(ハチスケ)

このハチスケという品種は私も初めて聞いたのだけど
岩手ではシソ巻きあんずに使われているらしい
私自身も生のものを手に入れたのでシロップ漬けにしたけど
かなり酸味があって果肉が固めで美味しいと思いました

ねいろ屋さんではとろっとしたソース状になってましたけれど
新月を凌ぐ強めの酸味がグッときます

image


関さんちのあんず(オレンジコット)

酸味少なめな品種ながらバランスいい
酸味も思ったよりあるし、あんず好きだからということだけでなく
単品シロップでも最後まで飽きない安定感がある


image


ラズベリーミルク

友人オーダーの一杯、甘酸っぱいというフレーズがピッタリ
果実シロップは決してケチケチせずたっぷりかけてあるのが嬉しい


image

最後にこだわりのらーめんをひとつ


image

雉南蛮らーめんその2

肉は得意でないので初回の提供時は見送ってしまったのですが
舌に信頼のおける友人から本当に美味しいと聞いたので行ってみました

らーめんのスープが1と2では違うのですね
伊吹いりこ100%スープなので
肉派でない私には却って食べやすかったかもしれません
柔らかな半生むね肉と歯応えのあるもも肉、
確かに雉って美味しいね


image

7/25かき氷の日限定、「ねいろ屋」氷担々麺の変遷!(追記あり)

7/25はかき氷の日、なぜかというとかき氷のことをなつごおりとも呼ぶので
な=7、つ=2、ご=5だそうです!


そして、毎年とても楽しみにしている氷担々麺の提供の日でした♪
image
image

新顔の氷トマト坦々麺激辛version

ねいろ屋さんで提供されるものはどれも好みに合うけど
これは特に好きだなぁ、激辛versionがあるのも嬉しい
氷があるので汁なしでもなくて、適度に絡むスープが
複雑な美味しさを醸し出していてその底に辛さが光る

今年も出会えて幸せでした♪

image

ここで開店以来の氷坦々麺を振り返ってみましょう♪
(下のコメントは当時のブログから抜粋)



2014年版氷坦々麺



白っぽくみえるところがかき氷になっていますが
キューブの氷と違ってすぐに溶けるので
具と麺とも馴染みが良く、全体を冷やす効果あり
今年はスタッフのはじろさん発信で激辛オプションがあり
もちろん激辛versionでいただきました、満足~♪♪♪

image



2013年氷坦々麺

熱烈ラブコールに応えて「かき氷の日」1日限定で登場 

ゴマ氷が入っていたり自家製のピクルスが入っていたり芸が細かい 

手がかかりそうなので、1年に1度でいいけど・・・毎年いただきたい 




2012年氷坦々麺


以前<ウルトラジンジャーかき氷>を頂いたときに 

このオイルで担担麺作ってほしいなぁと思っていたのがある意味実現 

麺に氷?と思われるかもしれませんが 

かき氷はさっと溶けてしまうので冷たい麺に氷のキューブを載せたものより 

ずーっと馴染みがいい、麺を冷やすツールですね 

下にゴマダレというかスープがあるのですが、これはあまり冷えてなくて 

全体を混ぜた時に丁度いい温度になるように計算されている感じ 

これは汁なし麺と担担麺が好きな私にはすごく好みな一皿でした 



毎年美味しくいただいているけれど、日々進化を遂げているお店なので
もし食べ較べ目事が出来るのなら今年のものがやはり1番でしょうね

そして、来年はもっと美味しくなって登場することと期待しています。

………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

氷坦々麺提供から4日、更なる新メニューが!

image

氷みそトマト坦々麺

発芽米みそと塩風トマト使用とありますが、茄子も入っていました
これは激辛versionではないのでまろやかに感じたけど
みそとトマトって本当に合いますね
ひき肉も味付けを変えたのか、より美味しく感じました

image


坦々麺ではないけれど、これも今年いただいた
みそとトマトの冷やし中華


これはズッキーニが入っていたのが嬉しかった
氷は贅沢にも天然氷なのですが、溶けても丁度いい味付けなので
かき氷用に胃袋を空けておきたいと思ってもスープも飲んでしまうのです

image



「シンチェリータ」海の日限定すいかのグラニータ

7/20の海の日
阿佐ヶ谷「シンチェリータ」で1日限定の
すいかのグラニータの提供がありました

image


グラニータは果汁やシロップを凍らせたもの
ジェラートやソルベよりさらに夏向きの氷菓です

すいかに蜂蜜・和三盆・砂糖で少し甘さをプラスしたシェイクのようなもの
少し甘めではありますが、盛夏にピッタリ!

この日は祭日でしたが、ダンスのお稽古帰りだったので一層体に沁みましした

image


せっかく行ったのでジェラートも♪
プラムのジェラートは酸味があるので
グラニータの後にぴったり

ドゥオ、トリプルにはせずにシングルでたっぷりいただき満足

image

店舗情報(公式) シンチェリータ
杉並区阿佐谷北1-43-7

「慈げん」夏の定番と変わり種と♪

友人を誘って「慈げん」さんに行ってきました
この日この時のメニュー


image
image

一杯目 ザ・すいか

特注の器ともども慈げんの夏の風物詩ですよね
中に西瓜の果肉が入っているのが好き
西瓜のかき氷を初めて食べたのが「埜庵」のせいか
このかき氷にはやはり塩をかけたくなります

image

ザ・すもも 

これは友人のオーダーしたもの
酸っぱいものがあまり得意でない友人は
淡麗ミルクを合わせていました


image

ザ・カレー

噂のカレーかき氷
もちろんカレーのお伴はライスではなくかき氷です
カレーのお味はというと甘くて酸味があってでもスパイシー、
まぁこのままライスに合わせても良さそうな味ですが
一見じゃがいものように見えるものはパイナップルだったり
やはり氷と合わせた時の相性を考えているのが流石ですね

邪道と思う方かもいるかもしれませんが
ただの思いつきではない完成度です

image

ザ・あんず

去年いただいたものはコンポート入りだったけど
今年はピューレ状シロップ
酸味はそれほど強くないけど、かなり濃厚なあんず氷です

生あんずは時期が短いので、1度でもここで出会えて幸せ!

image

じゃがいもコーン

これは友人オーダーのもの
じゃがいもの種類が以前と変わったようで
澱粉質がかなり強いですね
氷との馴染みは前の方が好きだったそうです

image

TV番組にもまた出たので人気は上がる一方だし
かき氷ハイシーズンだしでハードルは高いけれど
やはり定期的に伺いたいと思いますね

image

店舗情報(食べログ) 慈げん
熊谷市仲町45

新宿「パフェリオ」信州伊那産ブルーベリーパフェ

食べ友さんとお食事会(これから書く予定)の後に
新宿高野本店地下の「パフェリオ」

この日いただいたのは、伊那産の大きなブルーベリーを使ったパフェ
ブルーベリーはずっと加工品で馴染みのあったフルーツですが
やはりフレッシュの美味しさは別格、しかも大粒揃いなのです☆

image


メインの果実のシャーベットとソフトクリームの構成も好きだし
以前よりぐっと垢抜けしたこちらのパフェ
今後も注目していきたいと思います

image


店舗情報(公式) パフェリオ本店
新宿区新宿3-26-11 B2F

突然に、あんず祭りが始まった!


ねいろ屋さんが香川県のイベントでしばらくお休みされる直前のこと
お店に伺ったら今季初のあんずかき氷が登場していました

関さんちのあんず(信山丸)

あんずの中でも高級種とされている信山丸の実力も去ることながら
かき氷に合うように調整されたシロップとの調和が素晴らしく
なんだか美味しすぎて悲しくなったくらい

だって…
今季これ以上美味しいあんずかき氷に出会える保証はないのですもん

image


店主さんにしばしの別れのご挨拶をした翌日
食材が余っているのでと臨時営業の報せがありました

しかも「あんず好きな方は是非お越しください!」との一文も♪

これって私のことですか?
違っても構わない、だって行けばあんずかき氷が食べられるんですもんね

image

関さんちのあんず(信州サワー)

信州サワーは最近の新種のようですね
これも申し分なく好みだったけど
前日の信山丸の衝撃が大きくて
実ははっきり覚えてないのです

image

関さんちのあんずミルク(信陽)

いちごミルクと同じく甘めの練乳に酸味のある果実という組み合わせ方は
「ねいろ屋」さんの真骨頂、何と言っても他店ではあまりお目にかかれない
エッジの効いた酸味がポイントですね

image

この翌日からしばらくお休みでしたが
先週からは通常営業です

ただし営業時間は変則的なので
公式ツイッターでのご確認をお奨めします

「ねいろ屋」ほぼ一択の日々

やっぱりここが1番落ち着くな、と思います
荻窪の「ねいろ屋」さん
ひとりで行っても友人と行っても満足感大

定番の煮干しょうゆらーめん
これを食べてから細麺が好きになりました
日々美味しい方向を目指して進化し深化するスープは
もったいなくて残せない

image


人気が高いマルミツ農園の桃
第一弾はちよひめ、
桃は格別に好きな果実ではないけど
ここのかき氷は桃の美味しさを活かしていると思う

image

久しぶりにいただいたピスタチオミルク
原材料の高騰で大分お値段も上がったけど
食べてみれば納得できるこの店を代表するかき氷のひとつ
香高く口に含んだ時のナッツのまろやかさ
そして案外さっぱりしているのもこのかき氷の魅力です

image

紅あまなつ

柑橘かき氷には特に信頼を置いているけど
これまた素晴らしいものが出てきたなと一寸驚いた
苦味の活かし方が絶妙でピールのしっとり感、歯応えもとても好き
もうシーズンは終わってしまったのかもしれないけれど
ぜひまたリピートしたい一杯でした

image

えつこの赤しそ

スタッフのえつこさん作の赤しそシロップはとても綺麗な色
もっとキュンとくるくらい酸っぱい方が好みではあるけれど
夏の暑い日にいただくにはピッタリの爽やかなかき氷でした

image

店舗情報 営業時間、休業日などはねいろ屋さんの公式ツイッター
https://twitter.com/neiroyaでご確認ください

~WAGASHI 和菓子老舗若き匠たちの挑戦~東京&横浜

昨年、新宿タカシマヤで開催された

~WAGASHI 和菓子老舗若き匠たちの挑戦~

略してワカタク、4月に再び新宿に戻ってきました

image

image
image
image

甘いものが得意でなくあんこもあまりなのですが
個人的に好きな甘さのお菓子が多く
またかき氷もいただけるという、魅力的なイベントです

特に気に入っているのが
乃し梅で有名な山形佐藤屋さんの乃し梅氷
元々梅スイーツが好きなのですが
乃し梅は甘さと酸味のバランスがいいんですよね

さらに嬉しいのはシロップ追加がOKなこと
このシロップは沢山かけてもさほど甘過ぎないのです

期間中に2度伺って、割とお手頃価格の和菓子を買ったり
イートインで他のかき氷やあんみつなどもいただきました

image
image


image

image

image
image

新宿のイベントから2か月後
横浜タカシマヤに「第一回ニッポンの美味しいもの大会」
銘菓百選のイベントの一環として
「ワカタク茶屋」が出現!

余談ですが、横浜タカシマヤには独身の頃はよく行ってたのに
なんと30年ぶりに足を踏み入れたかも・・・

image
image
image

佐藤屋さんと引網香月堂さんのコラボかき氷
乃し梅シナカル氷をオーダーしました

シナモンカルダモンシロップがかかった氷に別添えで
乃し梅の蜜が付きます♪

最初乃し梅蜜はかけずにスパイスな甘さを楽しみ
途中から甘酸っぱい乃し梅を+して楽しみました

image

佐藤屋さんのラム酒と黒糖とレモンのグラニテりぶれ

実はりぶれは私が行った前日に一旦品切れになっていたらしく
メニューには×印が付いていたのだけれど、ダメ元で聞いてみたら
作れますと言われていただくことが出来たラッキーな氷菓
本来はレモン蜜だったらしいのですが、この時はレモン蜜も凍った状態で
これはこれまで出会ったことのない新しい和菓子だなぁと思いました
もしまた出会うことがあれぎ絶対いただきたいスイーツ

image

本当は他のものもいただきたかったのだけど
この日は梅雨寒でさらに店内のエアコンで体が冷え切ってしまい断念

金柑大福、うめぞのは家で冷やして食べるのがこの季節は美味しい

image

初めて食べたのは揚げういろう
実はういろうは甘さも控えめなことが多いし食感が大好き
これは阿波ういろうに上新粉をまぶして揚げたのかしら
結構好きだな、これ♪

image

きっと今後も継続するイベントだろうなと期待しています♪

「すずめ茶房」水無月のお菓子

昨年11月からから今年の4月まで皆勤していたのに・・・

5月にうっかり失念してしまいました

今月はちゃんとスケジュールに組み込んでおきましたよ!
毎月第三日曜日の「すずめ茶房」さんです

梅雨空ですぐ近くの鬼子母神で開催される「手創り市」は中止
そのせいか、珍しく店内はのんびりムードでした

ひとりがけ用の文机に初めて座れました♪

image

メニューはいつも3種類、今回選んだのは

澤の井寒天 蜜柑氷がけ
すいかの大福 焙じ茶 茎煎茶自家焙

澤の井は青梅にある造り酒屋で
個人的に浅からぬ因縁のある方
もちろんそれだけでなくてこのメニュー自体が魅力的でした

蜜柑氷はかき氷ではなく凍らせたものをすりおろしたものですが
咽喉ごしの良い寒天に、シロップ代わりのおろし氷が
夏のデザートとして秀逸



image

さらに夏には重めな大福にはなんと生の西瓜が入っていました

image


イベントならではの和菓子がいただけるのも魅力ですが
毎回感心するのはこちらの焙じ茶、美味しくて量もたっぷりなのです

7月のお菓子は6月とあまり変わらないようですが
時間があったら伺いたいものです

※「すずめ茶房」は池袋の和菓子店「すずめや」さんが
毎月第3日曜日にギャラリーシャコで開催されている限定イベントです

1日限定神戸みやなのかき氷がキラリナ「あずきや安堂」で!

少し前に6月最後の日曜日に吉祥寺キラリナの「あずきや安堂」さんで
かき氷イベントをすると「みやな」の店主さんから教えて頂きました

神戸のお店には行けないままに閉店されてしまったので
一寸タイトな予定でしたが吉祥寺まで駆けつけました
開始時間より少し早かったので一番乗りになっちゃった

image

メニューは3種類、どれも好みなので出来たら全て
いただきたかったけど、時間もあまりなくて

image


まずは黒糖生キウイ

黒糖シロップは独特な甘さとくせがありそれが持ち味なので
きな粉などには相性バッチリですが、キウイにはどうなんだろうと思ったら
甘さもくせも上手く抑えていて2種類のキウイの甘酸っぱさが絡んで美味しい!

キウイの1種類は加熱かと思ったら生をシロップ漬けにしたものだとか
フレッシュなキウイをプラスすることで味も食感も深みを増しますね


image

2杯目は、梅のシロップも意外と甘くし過ぎるところが
多いので好きだからといってウカウカたのむと失敗するのですが
これはすっきり上品な甘さでした
が、さっぱりなだけにもうちょっとシロップが欲しかったかな

image

やまももまではオーダー出来なかったのですが
幸いなことに知り合いとお会いしてひとくちだけ味見させていただきました

他の方の店での営業って大変だとは思うのだけど
またこういう機会があったら是非伺いたいと思います♪

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
最新記事
最新トラックバック
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
    Powered by KAYAC