epicurean

丈夫な胃袋を頼りにおいしいものを求めて西へ東へ♪

2015年06月

かき氷喫茶「バンパク」の宇和ゴールドミルク

三軒茶屋に出来たかき氷喫茶「バンパク」
BAR マボロシの店舗を昼間の空いている時間に間借りしての営業

この店に行ったのはこの日が2度目
かき氷が大好きという可愛い女性店主さんは甘党らしくて、
最初の印象は一寸私の好みとは違うかなと思っていた

でも、この日いただいた宇和ゴールドミルク
ミルクにヨーグルトを混ぜているということで
柑橘とさっぱり系ミルクの組み合わせは好みでした

三茶に行く機会があったら、また行くかも♪

image


店舗情報(Facebook) バンパク 
世田谷区太子堂4-25-5

オレの三日間


父の日の前々日からの三日間
銀座の「茶・銀座」で恒例の「オレの三日間」が開催されていました

初日がたまたま休みだったので開店前に並びました

image

最初はアメリカの「ブルームーン」というビールで咽喉を潤します
お酒は強くないし、詳しくもないけどサッパリしていて飲みやすい

imageimage

ビールのお伴はレカンのコーンパン
生地がどっしりしていて、ベーコンも入っているので
小ぶりでもボリューム感あります

image

〆はもちろんかき氷です♪
甘さを感じない抹茶とブラックココアはビターな大人味ですが
中に入っている大あくびの甘さが全体をほどよく纏めてくれている

量はかなり少な目なのでもっと食べたいって思ってしまいました(笑)
築地の茶の実倶楽部のイベントでもかき氷が出るようですし
茶・銀座でもまたイベント氷があるそうなので楽しみにしています


image

店舗情報(公式) 茶・銀座
中央区銀座5-5-6

大好き!杏と李☆「KABOちゃん」のかき氷

かき氷提供は夜だけということもあって
なかなか行けなかった駒込のラーメン屋さん
「KABOちゃん」

かき氷にプラム(李)が登場したと聞いたので
行ってみました
プラムは単体ではなくミルクかヨーグルトと合わせるメニュー
プラムヨーグルトにしました

以前より氷が大きくなった気がします!

カウンターだけの小さなお店なので
かき氷を作るところも目の前で見られますが
何度も何度もシロップを重ねているので
途中で味が変ることもなくいただけます
プラムシロップは甘さ加減がいい♪

店内の冷房のせいもあるのか、
氷が若干温度低めに感じましたが
その分以前より溶けにくくなった気もします

image


さらにラッキーなことに翌日から提供予定という
あんずシロップを出していただけたこと

現在はこれもミルクと合わせて提供されていますが
私は乳製品と合わせない状態で出していただきました
あんずがかなり濃厚なトロっとしたシロップですが
加糖が酸味好きには丁度いい感じでした
やっぱりあんず、好きだな

店主さん、ありがとうございました

まだ街中ではあまりあんずを見かけないし
私も長野に注文したものがまだ来ていません
あんずそのものが不作と聞くので
短い期間内に貪欲に探してみようと思います

image

店舗情報(食べログ) KABOちゃん
北区西ヶ原1-54-1

奄美大島発♪恵比寿「Healthy Island cafe」のかき氷

駒沢から移転して恵比寿にオープンした
「Healthy Island cafe」でかき氷が始まったと知り行ってみました
店舗は恵比寿から2分ほどでアクセスいいですね
ジャパニーズアイス「櫻花」とは目と鼻の先です

奄美大島の食材を使ったCaféで
パッションフルーツやすももといったフルーツを
使ったスムージー、ソフトクリームなどのスイーツ
それに鶏飯といった食事メニューもありました

image


かき氷は2種類、結構お手軽価格だし
どちらも興味ある食材なの両方食べてみることにしました

image

ヤギチーズとフルーツトマト

ヤギチーズとミルクのこってりとしたシロップは
ここならではの個性があっていいのではないかな
ただ問題はフルーツトマト、はちみつ漬けにされて
せっかくのトマトの持ち味がなくなってると思う
トマトそのものに甘さがあねのだから、
はちみつのように甘いものをを足すより
塩でも添えた方が合うのではと思ってしまった


image

ハニーたんかんとパッション

たんかんはそもそも柑橘でも酸味がない果実ながら
パッションフルーツの酸味を期待したのに

ここでもそれいゆハニーという名の蜂蜜が・・・
とにかく甘いんですよねぇ
パッションフルーツの酸味を活かしてあげないと
可哀想だとすら思ってしまった

氷はキュープのようですが、ガリガリとまでは行かず
価格を考えたらまぁこれでもいいやと思えるのだけど
せっかくの素材をいかしたシロップ作りを目指して欲しいなぁ

image

試食といって提供して下さったドーナツ
かき氷の甘さと較べるとぐっと控えめに感じました

image


店舗情報(公式) 「Healthy Island cafe」
東京都渋谷区恵比寿1-5-2-1F

新宿高野本店パフェリオのさくらんぼパフェ

新宿高野本店で開催されていた小布施町フェア
小布施と言えば一般的には栗が有名なのかもしれませんが
フルーツ好きの間ではブラムリーやサワーチェリーが収穫される所
このフェアではチェリーキッス(ノーススター)とブラムリーの
ラスク・ジュース・ゼリーなどが販売されていました

ただ、加工品になるとどうしても誰にでも受け入れ易い
甘さになってしまうのが酸味マニアには残念なのですよね

image


地下のパフェ専門店「パフェリオ」で期間限定の
さくらんぼパフェをいただきました
パフェにもチェリーキッスを使っていただけるといいのに
このさくらんぼは山形のものだそうです

とはいうものの桜桃以外の余分なフルーツは入らず
ソフトクリームとシャーベット、ソース、生の桜桃の構成はGOOD♪
改めて思ったけどここのソフトは美味しいですね
これで1080円は納得価格

image

小布施関連で購入したのは100%ブラムリージュース
もったいなくて未だに飲んでいませんが(笑)

image

店舗情報(公式) タカノフルーツパーラーパフェリオ本店
東京都新宿区新宿3-26-11 B2F

快哉!「ねいろ屋」レモン祭り

レモン祭りと黒板に書かれていた「ねいろ屋」さん
限定の冷やしレモンラーメンは豆乳仕立て?
スープは白濁しているのだけど、酸っぱいという
見た目と味のギャップ、そして美味しさにやられました
入っている氷は贅沢にも日光三ツ星氷室さんの天然氷

image


なかなか作るのが大変らしい名古屋風あいがけレモンミルク
レモンシロップと練乳では比重が違うので
氷への浸透度が異なり一杯に仕上げるのが難しいそうです
これ、数あるねいろ屋さんのかき氷メニューの中でも
相当上位に位置する大好きな一杯
ピールを上に載せると氷が沈んでしまうので別添えですが
好きなときに食べられて最後まで取っておけるのでいいと思う

image

これは普通のレモンらーめん
塩ベースにレモン果汁がたっぷり入っていて細麺に良く合います
ちなみに最初の写真の冷やしは太麺が合ってました
そしてレモンには通常のチャーシューではなく鶏胸肉のチャーシュー入り

image

生しぼりレモンみるく
こちらは底(とトップもかな?)にレモンシロップで全体はミルク
レモンピールもたっぷりでして、おそらく他店では食べられない
素晴らしい酸味のかき氷、レモンもそろそろシーズンが終わるらしく
今年またいただけたらかなりラッキーだと思う

でも、まだまだ食べたい!

image

店舗情報は「ねいろ屋」さんの公式ツイッター→でご確認くださいね 

「銀座のジンジャー」ハニー&レモン

銀座でミュージカル関連のイベントがあり
その前の少しの時間を利用して
初「銀座のジンジャー」

image

6月のメニューも気になったのですが
舌に信頼のおける友人からのレモンカードが重いという情報により
1番酸味がありそうなハニー&レモンにしました

トップにミルクジンジャーシロップがかかっていてこれが甘い
練乳とジンジャーシロップと別々になっているといいのですが
ここではそれは無理みたいですね

レモンの酸味がないわけではないけれど、もっと欲しいところ
でもこれくらいが沢山の食べ手向けの一杯なのかもしれませんね

味以上に気になったのが提供に時間がかかったこと
そもそも時間がなかったのですが
それでも30分ほどの滞在が可能なので入店したのですが
提供されるまでに20分以上はかかったと思う
店内が混雑していたのなら仕方ないけど
私が入った時点で提供待ちの方はひとりだったと思います

初めての店で時間がない時は提供にどれくらい時間がかかるのか
聞いておいた方が良いのかもと思ったのでした

image


店舗情報(公式) 銀座のジンジャー銀座本店
東京都中央区銀座1丁目4-3 1階/2階

中華街ならここに行ってしまう!「山東」セロリ水餃子と上海焼きそば

かき氷はそれ自体が目的で店を目指しますが
それ以外だと観劇がらみの食事が多い私
もちろんただお腹を満たすのは淋しいので
脳と舌を満足させたいなぁと思うのです

この日はKAATでの観劇だったので
お昼は中華街で食べようかということになりました

当初行きたかった店は行列が出来ていて断念
知らない店は怖いので結局「山東」へ♪

image

image

あまり時間もなく、観劇前なのでアルコールもなし

上海焼きそばは適度に野菜も入っていてサッパリしていて好みだった
あんかけ焼きそばも大好きなのだけど、揚げ焼きそばでなくても
油っぽいことが多いのでこのあっさりした味が気に入りました

image

ここに来たらこれを食べなきゃの水餃子は
セロリ水餃子と桃肌水餃子のセット

餃子は麺料理の一種と言っていたシェフがいるけど
まさにそうだよなぁと思う
皮のもっちり感があってこそ、あんの味も活きるというもの
セロリ感はもっとあってもいいけど、
どちらも食べ飽きないのがいい

この店は卓上に餃子用のタレしかなくて
このタレが醤油と生姜が利いていて水餃子にとても合う、
ただ辛み好きとしてはついラー油とお酢でも試したくなりました

image

店舗情報(食べログ) 山東1号店
横浜市中区山下町150

マダムもそうでない人も~「リストランテ ラ・バリック トウキョウ」のランチ

マダムというのは既婚女性に付ける敬称かと思っていたら
現在のフランスでは未婚女性にも使うのだそうです

マダムと言ったら、お金も気品も教養もある人と思うのは
古いのかもしれないけれど、そんな方々に似合いそうなお店
「リストランテ ラ・バリック トウキョウ」に行ってきました

ええ、私には似合わないことは最初にお断りしておきます

一軒家を改装したリストランテ
サービスの方もきちっとした服装ですし
ハレ感を十分に感じられます

突出しはオリーブのフライ、中に詰め物がしてあったけど
なんだったのかは失念しました

image

image

トマトのスープなど小さいお皿が続きます

image

image

いろいろあって漸くのプリモピアット
野菜のゼリー寄せに帆立のタルタル
これひとつに十数種類の野菜が使われているのだとか
野菜はどれも歯応えを残した火入れ、タルタルも好相性

image

セコンドピアットは桜海老のキタッラ
上品な量がちょっと物足りないけど
リストランテのパスタはそんなものだとは知っています

image

メインはカツを選びましたが、あっさりとした衣をまとった
なんとも上品なフライ
肉も柔らかく野性味などは微塵もない
フルーツトマトをソースとしていただくのでよりあっさり感じます

image

ドルチェは大好きなパッションフルーツにココナッツソルベ
パッションフルーツの中はゼリーになっています
image

ティーカップも優雅ね♪

image

お食事がコースといってもボリューム控えめなので
小菓子が沢山付くのは単純に嬉しい

image

ご一緒した食べ友さんたちのお料理も美味しそうでした

image

特にこのビスタチオのドルチェは羨ましかったな(笑)

image

一寸改まった気分でお食事という時にお奨めなリストランテでした♪

店舗情報(公式) リストランテ ラ・バリック トウキョウ
文京区水道2-12-2
2@文京文京区水道2-12-2区水道2-12-2

自然と足はここに向く~「ねいろ屋」の5月・6月

新店舗に移転して大分落ち着きを取り戻した感のある
荻窪の「ねいろ屋」さん
自然とここに行ってしまうのですよね


辛いレモンらーめん

レモンらーめんにいしる・レモンごしょう・九条ねぎ
レモンらーめんもすっかり定番化していますが
辛みを+した特別バージョン
酸っぱ辛いは私のドストライクですが、
実はたっぷりの九条ねぎがポイントかも

image



煮込みれもみかん

以前いただいた時よりもみかん感が強めながら
酸味と苦味もきっちり感じられて、柑橘濃いなぁと嬉しくなる

image


レモンたんめん

ついにタンメンにまでレモンversion登場
生きくらげが嬉しい
image



生女峰いちご贅沢仕上げ

普段から他店とはくらべものにならないくらい
贅沢な苺使いなのに、この日はさらにさらに大増量
美味しい女峰苺を凝縮させたかき氷を
ずーっと口に運べるのは幸せ以外の何物でもない

image

生女峰いちごみるく

加熱・加糖・加水していない女峰とみるく氷との組み合わせは
生女峰と甲乙つけがたい美味しさ
若干甘めなミルク氷と酸味の利いた苺はベストマッチ

image


煮干しょうゆ細麺

定番の煮干しょうゆ
日々ブラッシュアップされて進化しているそうです
あまれ細麺が好きじゃなかったのに細麺好きになりました

image


レモン和三盆(安政柑入り)

image


安政柑は文旦の仲間らしくさっぱりとした果肉です

image

冷やし煮干しょうゆらーめん

限定で提供されたらーめん
少し山形の冷たいラーメンに似ているけど
鶏チャーシュー、胡瓜、天然氷入りは
やはり「ねいろ屋」ならではの仕上がり

image

生しぼりレモンみるく

和三盆レモンもこれもどちらも好きなのですが
どちらかひとつを選べと言われたらこちらにすると思う
レモンピーがミルク氷に合うし、底にもレモンシロップが入っていて
特に大好きなかき氷なのです

image

ラムレーズンみるく

バルバンクール8年に枝付レーズンを浸けた贅沢なもの
いちごみるくと較べるとミルクの甘さが控えめに感じたのは
気のせいかしら?

お酒がしっかり利いているのでR20です
たまにちょっと酔っ払います(笑)


image


和三盆すいか(スイートキッズ)

すいかのように水分の多いものをかき氷にするのは難しいよねぇと思うのに
果肉を中に入れず、シロップだけで完成させたのは流石
近年いただいたすいかかき氷の中でも白眉だと思います

image


SAKURAバターミルク

すいかと同じ日に食べました
さっぱりとしたすいか氷の後にいただくと
バターの濃厚さと甘じょっぱさが広がりました
全く違う方向性だけど、どちらも好き

この日の提供が今季最後だったようですが
春と夏を一挙にいただけてとても贅沢でした

image
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
最新記事
最新トラックバック
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
    Powered by KAYAC