epicurean

丈夫な胃袋を頼りにおいしいものを求めて西へ東へ♪

2015年03月

「埜庵」春を愛でるかき氷

お正月以来の「埜庵」さん
ちょうど運良くさくらが始まっていました♪

さくら寒天に春の陽射しがキラキラ
やさしい甘さがのどかな気分にピッタリ

image


ゆずみかん

なかなか巡り会えていない埜庵さんの柑橘氷がいただけて嬉しい
酸味も甘みも苦味も尖ってない、マニア向けではない柑橘氷
でも酸味マニアも気に入る味ですね

image

白酒

お正月には小豆ソースでいただきましたが
今回はいちごソース

3杯とも好きには違いないのだけど
それでもダントツに好きなのがこの白酒です
酒粕の香りと適度なクリーム感がたまらなく好き
生いちごの食感と甘酸っぱさがさらに
このかき氷の美味しさを引きだしてくれると思う

image
image

店舗情報(HP) 埜庵
 
神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-11

築地「茶の実倶楽部」春の茶遊会

今年も行ってきました

image


海老の弾力をしっかり感じる海老団子のお吸い物と
東京人好みの甘めの卵焼き

甘いもの好きではないのだけど、甘さのない卵焼きは苦手
多分、母の作る卵焼きの味の記憶なのでしょうね

甘い卵焼きの後にいただくお茶がまたさらに美味しい(笑)

image
image
image
image

春の茶遊会の楽しみは浅草浪花家さんのたい焼き
お店にはしょっちゅう伺っていますが
ご主人自ら焼いているたい焼きはこの時以外
いただいた記憶がないのです

そんな話をご主人としたことも楽しかったし
何杯もの種類の違うお茶とお茶うけで
素敵な時間を過ごせたことに感謝

image

「ウッドベリーズ&マルシェ」柑橘フェアの柑橘パフェ

またまた終わってしまったフェアで申し訳ないのですが
ウッドベリーズの「柑橘フェア」に行ってきました
たまたま行ったら、その日から始まるという
ラッキーもあったのですがね



image


フレンチトーストも気になるもののやはり柑橘パフェにしました

白柳ネーブル・デコポン・きんかんの3種の中から
好きなものをフローズンヨーグルトに出来ます
私はきんかんにしたけど、かなりこれ好きだな

image

生の柑橘もたっぷりでいいですね、これは♪
柑橘フェアは終わりましたが、まだ出ている柑橘の
単品のフローズンヨーグルトも捨てがたいし
また行こうと思います

image

店舗情報(HP) ウッドベリーズ&マルシェ
武蔵野市吉祥寺本町1-20-14 クスミビル1階

「レストランOGINO」で誕生会ディナー♪


ママ友の誕生日を皆でお祝いしました♪
友人が予約してくれたのは「レストランOGINO」
なかなか予約の取れない店だし、ディナーは久しぶり

image

女5人、それぞれがアラカルトで好きなものをオーダー

私は前菜に牡蠣と帆立の料理
やはりここはポーションが大きい、
前菜とパンだけでも一寸した食事になりそうです

image


が、食いしん坊なものですから
もちろんメインもいただきます

サービスの方には「女性5人でしたら3皿ほどで良いかと思います」
と言われたのに、ひとり1皿ずつにしてしまいました

メイン料理の中にはハーフでシェアできるものがあるので
私はハーフを友人と2種類いただきました

リュドヴォーとオマールのお料理
肉と魚一品ずつのつもりだったけど
ほぼリュドヴォーメインでした

コストを考えれば仕方ないし
これはこれで美味しかったけど、一寸失敗だったかも・・・

リュドヴォーを初めていただいたのは
もう30年近く前の駒沢のレストラン
最近はフレンチそのものをあまり食べないので
懐かしく思い出しました

image

もうひとつは蝦夷鹿のロースト

これは以前にもいただいて気に入っているもの
肉全般がそんなに得意ではないのだけど、これは好きです

image

デザートもそれぞれです、私はこれ♪

ババ・オ・ラム ベルベンヌのアイス
フルーツメインのものがなくて
グラスの盛り合わせにしようか悩みつつ、結構ババ好きです

image

友人のデザートはここのスペシャリテ
さかさモンブラン、普通は底にあるメレンゲがトップになってます

image

クレームブリュレもありましたが
デザートは一寸季節感があるものがなかったのが残念

柑橘とか苺のデザートが食べたい季節ですからね
とはいえ、私以外のメンバーはかなりワインも進み
楽しい時間を皆で過ごした夜でした☆

image

※メニューは行った当時のものでして、今は多少変更しているようです


店舗情報(公式) レストランオギノ
東京都世田谷区池尻2丁目20-9 1F 

「ティーハウスマユール」バレンタイン氷と柑橘ラッシー

ホワイトデーでも過ぎましたが
2月一杯提供されていたバレンタイン氷のことを書きます

行ったのは宮崎台の「ティーハウスマユール」さん
こちらのバレンタイン氷はみるくカカオカスタード

チョコが苦手でも食べやすいさっぱりめなカカオ
中のカスタードクリーム、クランブル、飾りのクッキー
オレンジピールといろいろな味と食感が楽しめます
ピールは本当は中に入れる構成でしたが、
入れ忘れたということで別添えで・・・
でも好きな時にピールを食べられて私は却って良かったかも

image


もう一杯は柑橘ラッシー
中にグレープフルーツ・八朔・伊予柑の三種類の柑橘入り
柑橘大好きだし、ラッシーも好きなので外れるわけはない

image

かき氷を通年で提供される店の中では、もはや古株の貫禄ですね
ラインナップも豊富で、今年はさらに定期的に通いたいな

店舗情報(HP) ティーハウスマユール宮崎台店
川崎市宮前区宮崎2-3-12 宮崎台ルピナス103

「Spece tree」牡蠣味噌ココナツカレー

1月に1周年を迎えた逗子の「Spice tree」さん
順調にファンを増やしている気がします

木曜日から日曜日までの営業日に5、6種類のカレーを
提供されていますが、冬ということもあり
常連さんから牡蠣のカレーをリクエストされることが多く
いろいろな経緯はあったものの、ついに登場しました!

image

とある日曜日、限定12食を目指して家を9時半に出て逗子へ
店に着いたのは開店の40分くらい前でしたが
なんと、先客が12人もいた

これはもしやアウトなのかと絶望的になったけど
全員が牡蠣をオーダーしたわけではなくなんとかいただけました

image


牡蠣の旨味は感じますが、味噌とココナツは言われないと分からない
カレーとダールとパパドとアチャールと、いろいろな組み合わせで
楽しめるここのカレーが大好き♪

それにオプションで付けた小松菜のマスタード炒めが特に気に入りました

image

この日はあまおうのタルトもいただいて、とても良いランチになりました
片道1時間半以上かかるけど、やはり行って良かった

image

店舗情報(blog) spice tree
 神奈川県逗子市逗子7-6-25

一体どこまで増えるのか?「慈げん」3月のある日のかき氷♪

3月に入り、ホワイトデイかき氷も登場したので
友人ととある休日に「慈げん」さんに行ってきました

開店1時間以上前に行ってももう10人近く並んでましたし
通りがかりの人に「テレビ観て来たのかい?」と聞かれたり
やはりテレビの威力は大きいですね


メニューはやはり、とどまることを知らず増えてます(笑)
今回は友人とふたりだけど・・・とてもふたりじゃ足りない
image

image


それぞれに好きなものを選びつつ、ふたりでシェアするものも含めて
計6杯をいただきました


ミルクに生いちごにガナッシュ

チョコもミルクも得意ではないけど、ここでなら食べたい
ガナッシュは中にたっぷり入っていますが、甘さがほどほどで
小さ目にカットされた生いちごを一緒にいただけるのでくどくない

image

桜にレモンクリーム

春らしい桜のかき氷はもう珍しくないけれど
慈げんさんのものはさらに上を行っていると思う
レモンクリームはなかなか万能で何にでも合いますね

image

友人チョイスの桜ミルク

image

3月限定 ホワイトチョコっとせん

ホワイトチョコでも甘過ぎないのがいいし
中に入っている柿の種の塩気と食感がいいのです

image

ほうじ煎茶に白小豆

香ばしいほうじ茶のシロップはかなり微糖
和三盆のシロップが別添えになっていますが
苦味と香りが良くて使わずにいただきました
白小豆はほうじ煎茶の風味を壊さないいいパートナー

image

友人チョイスのラズベリーミルクグラノーラ

これは素材の組み合わせだけでも間違いないと思える
それを慈げんさんが作るのだから美味しいに決まっている

image

もう定番の味噌おでん
口直しにいいのです

image

今月からSサイズがなくなりました

ひとりで行くといろいろいただけないけど
友人を集めるのも難しいし、
せっせと行くしかないのでしょうね
うん、頑張ろう!

店舗情報(食べログ) 慈げん
埼玉県熊谷市仲町45

再開が待ち遠しい「ねいろ屋」 一時閉店直前のあれこれ かき氷編

らーめん編に続いてはかき氷編です♪

昨年のXmas頃に提供されていた女峰いちごとピスタチオ
Xmasっぽいけど、お店の定義はクリスマス氷ではなかった

ピスタチオのかき氷を最初に有名にしたのは「ねいろ屋」さんだし
これは贅沢な一杯ですよ!

image


はじめのキウイ氷
今季初めてという意味ではなく
副店長の名前だと思います

image

中山栗みるく
安定の栗みるく氷
中山栗という素材の良さを素直に活かしたかき氷

image


甘酒女峰いちごみるく

女峰いちごだけも女峰いちごみるくも好きだけど
これはもっと好き、お正月だけでなくもっと長く食べたい一杯

image


みかん三姉妹(のぞみ たまみ 青み)

柑橘の魔術師と言われているとかいないとか(笑)
柑橘王国で育った店主さんならではの冴えを感じます

image

大人のル・レクチェ、だったかな?一寸自信がないけど
洋酒を効かせたル・レクチェのかき氷
上のトッピングは関さんのサワーチェリーですね

image

関さんちの赤りんごカスタード

カスタードは一寸甘めだけどりんごの食感と
甘酸っぱさが一緒になるとほどよくなる
見た目も可愛いかき氷

image

きなこ(香川黒一号)と和三盆

ねいろ屋さんでは珍しい和なかき氷
女峰を仕入れている農家さんのきなこらしい
image

マイブラッディヴァレンタイン氷(変化version)

全て国産の女峰・ブルーベリー・イエローラズベリー・ブラックラズベリー
ブラックベリーを使ったものがオリジナルでしたが
私は出遅れてしまい、この中であるもので作っていただきました

image

特に珍しいのがイエローラズベリー、
ものすごく原価もかかったという贅沢な一杯、
かき氷がらーめんより高いのかと思う方もいるかしれませんが
原価ありきではなく素材ありきなので仕方ないと思うし
それだけの価値があると思う

image

ラム干柿みるくちょこっとチーズ

スタッフのえっちゃんのところの干柿をそのままラムに漬けています
とても上等なチーズを使っているので
量が少ないということでちょこっとチーズ
ラムに漬けたドライフルーツは大好物だし
全体の調和が素敵でした

image

女峰いちごみるく

ねいろ屋さんの定番で提供期間が長いので
後回しにしがちなのですが、この店の実力を知るにはとてもいい一杯
女峰いちごのシロップの苺の濃さが他の店とは違います

image

黒板メニューにはなかったりんごを使った酸味氷は
店主が少しだけ作ったものでたまたまいただくことが出来ました

ちょっとシードルのような味わいで酸味好きにはたまらない

image

ダークホースラムレーズンミルク

ダークホースというのは南瓜の種類
この南瓜には多分甘さを付けいてないのだと思います
なので、全体をまとめるソースであると共に
甘さを緩和させる緩衝剤でもある存在
店主の計算が光る一杯

image

そして最後に伺った日は

女峰生いちご、超旬と言うだけあって
生の苺以上に苺を感じるかき氷

image

煮込みれもみかん

れもんとみかんでれもみかん
柑橘の味がギュッと濃縮された中に
ピール入りでこれは本当に大好きだなぁ

image

味噌みるく金時カラメル

味噌あんラヴァーにはたまりません
中の硬めな金時豆も美味しいし
味噌のしょっぱさとカラメルの苦味も良かった~

image

現在は新店舗開店に向けて準備中です
新しい場所は本当に斜向かいなので
これまでの常連さんもホッとしたのではないでしょうか
再開の報が届くのが゛待ち遠しい日々です

ねいろ屋

再開が待ち遠しい「ねいろ屋」 一時閉店直前のあれこれ らーめん編

荻窪教会通りで3年と少し営業をされていた
「ねいろ屋」さんが移転のため2/28で一時閉店されました

ここしばらく通った忘備録のようなものです!

image

毎年大晦日に通うのは恒例になってしまいました
そば粉入り中華麺にこのらーめん用の特別なスープ
↑にあるように梶田商店の生揚げしょうゆ、雉の脂を使用

image

新年早々にいただいた味噌たまりの煮干らーめん

image

個人的に超お気に入りの汁なし坦坦そうめん
ねぎスープが付くのが嬉しい

image

味噌らーめんは味噌が濃いのに変な甘さがなく
体がとても温まる冬には最高の一杯
炙りチャーシューも美味です

image

おやさいたんめん

おやさいたんめんシリーズがありすぎて一寸分からなくなりましたが
豆乳を使い、里芋、南瓜とボリュームたっぷりだったタイプ

image

おやさいたんめんには自家製柚子こしょうが付くのです♪

image


おやさいたんめんリッチかな?
白菜・九条ねぎ・三色にんじん・ちぢみほうれん草・芽キャベツ
タモ茸・なめこ・牛蒡に鶏胸肉

image

京都のおやさいたんめん
九条ねぎ・日の菜・京かんざし・聖護院だいこん
柚子こしょうは赤柚子こしょう

image

これも京都のおやさいたんめんだったかな
野菜の歯応えを残した熱の入れ方が好き

image

原点に戻って、しょうゆらーめん
この日はすっきりした中にも鶏のこくを感じました

image

聖護院だいこんの粗おろしをたっぷり使ったみぞれらーめん
大根がらーめんスープに合うとは目から鱗

image

そして最終日、1日の中で提供されるものも変っていて
丁度行く少し前に始まったれもんらーめんにしました

image

レモンの酸味がクセになるこのスープが大好きです
しばらく行けなくなるのは淋しいけど、
温かさとともに再開の一報が届くことを待っています♪

image

※ねいろ屋さんは2/28で一旦閉店となりました
以前と斜交いの旧お蕎麦やさんの店舗で春以降に再開予定とのことです
詳細はねいろ屋さんの公式ツイートを参考になさってください

三軒茶屋「イサーンキッチン」のカオガイヤーン

三軒茶屋の「クルンサイアム」が
いつの間にか「イサーンキッチン」と名前が変ってました
そんなにタイ料理に詳しくはないけど、
イサーンということはタイの東北料理がメインということですかね

ランチメニューはかなり種類が豊富で迷いましたが
限定ものに弱いので、限定10食のカオガイヤーンにしました

カオマンカイが茹で鳥ならこちらは焼き鳥が乗ったご飯
image


最初にスープと生春巻きが来たので
まずは生春巻きをいただきましたが、ここでオッと思った
皮がしっとりしていて美味しいではないか!

こういう小皿のランチの添えものとして食べたものの中では№1かも
スープもシンプルなのがいい

そしてガイヤーンですが、カオマンガイより好きかも
鶏にしっかり味が付いていて皮も美味しくいただけます
唯一残念なのが香り米にところどころ固まったところがあったところかな
でも、デザートのタピオカココナッツも甘過ぎず(本当はかき氷をちょっとかけたい・笑)
全体としてはまたリピートしたいと思わせる高水準だと思う

この日は三茶の本命「シバカリーワラ」がお休み中だったので
こちらに行ったのですが、タイカレー気分の時にはまた行きたいと思います♪

imageimage

店舗情報(食べログ) イサーンキッチン
世田谷区太子堂4-27-11 ウィンベル福本
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
最新記事
最新トラックバック
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
    Powered by KAYAC