epicurean

丈夫な胃袋を頼りにおいしいものを求めて西へ東へ♪

2014年08月

「和果」第2ステージ、戸田から要町へ!

戸田公園の「戸田日和」で出張営業をされていた
「和果」さん、戸田から要町へ引っ越しされました
こちらの方が家から断然近いし、「かりゆし」時代の
お客さまも来やすいのではないでしょうか

新たな出張場所は「なんてんCafé」
一軒家の落ち着いたカフェですね

image

メニューはオール600円

image

私たちは奥の座敷に通されました
一寸暗くて写真が上手く撮れず

ベリーベリーミルクはブルーベリーといちご
ミルクは別添えでお願いしました

メニューにはありませんが合い掛けもOK
所謂ハーフ&ハーフです
ピンボケでここには載せませんが
私はすももとネクタリンの合い掛けをいただきました

image

友人の黒みつあずききなこ
ご主人の炊いたゆであずきがこれでもかとばかりに入っていてお得だと思う

image


この日はご主人も助っ人として削ってらしたので
久しぶりにご挨拶出来て良かった

次回の営業日は8/31 かき氷は15時からです♪


「たいやきやゆい」カルダモンと夏みかん

国立の「たいやきやゆい」さん
暑さには強く夏が好きな私でも
国立からの道のりはやっぱり遠い

それでも定期的に行きたくなる魅力があります

この日いただきたかったのはカルダモン
カルダモンとバニラの香りを移したミルク氷にビスタチオ
というこれだけでも美味しそうですが
この日はこの氷に夏みかんシロップを合わせたメニューもありました

途中まではカルダモンとバニラの香りとピスタチオの食感を楽しみ
後半は苦味の効いた夏みかんシロップとの相性を図る
こういう多層なかき氷っていいよね

夏みかんだけでなくあんずシロップなども合うと思いました
違うシロップでもお願い出来ないかな?

image


2杯目は梅、期待した酸味はちょっと薄かった
さらにもう梅の実がなくなってしまったためシロップだけというのは
最初のかき氷がいくつもの味を楽しめただけに
単調に感じられたのは否めない
1杯目とに2杯目の順番を間違えましたね

image

店舗情報(ブログ) たいやきやゆい

国立市西2-19-12ヘリオス国立1-B

五反田「うどん」夏の夜かれー ゴーヤ梅ヴァージョン♪

五反田のすーぷかれーの店「うどん」
季節の夜かれー
はコンプリートしたつもりだったら
去年から8月にごーやかれーを出していると
マスターにお聞きしました

これは食べなきゃね♪

夏の間、家で夕飯を食べる時の自分用のおかずは
ほぼゴーヤチャンプルー(肉も卵も入れないversion)な私

大泉洋さんもお奨めされてるとかしてないとか?
image


まず、いつものカレーポットでの提供でないのが新鮮だわぁ
ゴーヤはあまり火を通さず苦味を消してないので
ゴーヤ嫌いな方には向かないかもね
でもビタミンBが豊富な豚肉とビタミンCのゴーヤ
それにクエン酸が含まれた梅干しって・・・
夏バテ気味の方にはピッタリじゃないかな

私は夏が大好きなので、元気そのものですが
苦味と酸味、それにスパイスでシャッキリしました
やっぱり定期的に行きたい店です

image

店舗情報(HP) うどん
品川区西五反田2-31-5品川区西五反田2-31-5

「Spice tree」肉も魚も野菜も♪

逗子の「Spice tree」さん
3度目の訪問です、1度めはすんなり入れたのに
2度めは2時間近く待たされて、今回は開店前に並びました
30分くらい前に着いたら誰もいなくて拍子抜け
少ししたらお店の方がべンチを用意してくれたけど
日がもろに当たるので日傘がないと厳しいと思う

この日いただいたのは〈樹豆と野菜のカレー〉
マイルドと書いてあるだけあって辛みがなくやさしい
それでもここのカレーの構成は大好き

image


友人は〈ブリと茴香(中辛)〉
こちらと私のものとシェアしていただいたのですが
やはりこちらの方が好みでしたね
ブリは脂が強いので、あまり好んでは食べない食材ですが
カレーになると脂は強く感じないし、酸味と辛みがほどよく美味しい

image

メニューを見ると、マトンとかブリとかちょっと苦手な食材も多いのですが
この店では多分どれも美味しくいただけるのではないかと確信しました

一寸遠いので、頻繁に行けないのが1番のネックですね

店舗情報(HP) 「Spice tree」
逗子市逗子7-6-25

浅草「龍圓」で誕生会♪

あまりお酒強くないのにランチから青島ビール
というのは私の誕生会を開いてもらったから

台東区に住む友人が予約してくれて
浅草の「龍圓」にいつものママ友メンバーが集合♪

image

前菜的なピータン豆腐エスプーマ仕立て
こちらのシェフは違うジャンルのシェフたちとの交流が多いらしいので
こういったお料理が出来るのでしょうね

基本、口からいただくものには食感を求める派なのですが
ピータンは大きいままだと特に黄身部分が
一寸苦手なのでこれは良かった

image

槍烏賊の老酒漬け 
この店のスペシャリテなのだと思います
槍烏賊にほどよく老酒の風味が移り、美味しい

image

穴子と新生姜の春巻き
どんなジャンルであれ季節感は大事!
それをしみじみと感じる慈味ですね
生姜のおかげで、揚げ物でも重くない

良い穴子を手に入れるのは難しいし扱いも家庭では一寸と思うけど
新生姜と海老とか帆立とかだと簡単に出来そうです

image

鶏肉と胡瓜の炒め物、だったかな?
このお料理はそんなに独自性を感じなかったためだか
やや印象が薄いかも、かといって悪い印象もない

image

上湯チャーハン、写し忘れましたがスープが添えられています
普通のチャーハンに好きな時にスープをかけて
スープチャーハンとしていただくことができます
スープの美味しさはさすがに中華料理のお店だなと思う

〆にはちょっと重いと思うチャーハンも
お茶漬け感覚でサラサラっといただけます
この食べ方ももう定番化してますよね

image

バースデープレートはマンゴープリンと杏仁豆腐
下の日付は私の誕生日ではなく行った日の日付
私の名前ではなくお店の名が記されてます(笑)

image

お料理はどれも美味しくて、楽しい時間でした
ただ、ここに行く前に「ちもと」でおまかせをいただいたので→
さすがに近いとはいえ「浅草浪花家」さんには行けなかった(笑)


店舗情報(食べログ) 龍圓

東京都台東区西浅草3-1-9

オペレーションがグッと良くなっていた!2年ぶりに「ちもと」でおまかせ氷

一昨年まではシーズン中に1度は伺っていた都立大学の「ちもと」さん
人気店な上に席数が少なく、あまりオペーレーションも良くない
さらに店内に入るまでに全員が揃えば、団体客であれ
ひとりだけ並んでいればいいというこの店のシステムが
どうも納得できず、作シーズンは見送ってしまいました

が、何かが変わった可能性もあるしあのおまかせを
1度はいただきたいなと思い食べ友さんと一緒に伺ってみました

私より少し早く、開店1時間半に並んだ食べ友さんは
5組目でしたが、これでも一巡目に入れる保証はない

この店の後に待ち合わせがあったのでドキドキしながら待ってましたら
開店30分くらい前にお店の方が名前と人数を聞きに来ました
おっ、以前と比べてると大分システムが良くなっている
この聞き取りにより一巡目に入れそうだと分かるし
一巡目が無理な場合は何時ごろ来てくださいと指定されるので
一旦ここを離れることも出来ます

しばらく経つとメニュー表を渡されオーダーも取ってくれました
ここでのオーダーは「おまかせ」一択

10時に店内に入ると、4人席の相席でしたがこれは問題なし
狭い店では相席でも全然構いませんから・・・

かき氷が提供されるのも以前の半分くらいの時間に感じましたよ
2年ぶりのおまかせ、大きさも以前と同じ、大きい♪

image

抹茶氷は最近ではほとんどいただかないので新鮮に感じました(笑)
中に入っていたのは八雲もち、白玉、小豆、抹茶白玉、水ようかん
栗・寒天等々
嬉しかったのはこれまでは入っていなかった味噌餡玉が入っていたこと

かき氷をいただく際には温かいお茶が好きですが
冷たいお茶ながらここのお茶は美味しいと思う

image


食べ終われば長居は無用、さっさと会計を済ませるのが鉄則です
いろいろと上手く事が運び、思いの外早く店を出られたので
来シーズンもまた来ようかなという気分になりました
先に並んでくださった食べ友さんにも感謝♪

店舗情報(食べログ) ちもと

東京都目黒区八雲1-4-6

「ねいろ屋」2014年6月、7月

荻窪の「ねいろ屋」さん
毎月、一か月分をまとめて記事にしてきましたが
6月に撮った映像がスマホの修理により一部消えてしまい
あまり枚数がなかったので今回は2ヵ月分をご紹介しますが
7月はかなりな回数通ったため、いくつか落ちてるかもしれません

ある日のかき氷はこんな感じでしたね♪
かき氷メニューは黒板に表示されています
黒板は撮影可ですが、その後ろの
厨房は撮影不可ですのでご注意くださいね

image


愛媛産レモン

皮まで使える無農薬レモンなので安心です
レモン果汁をたっぷり使っていて大好き

image

和三盆すいか

すいかに加糖加熱したものに酸味を加えている?
すいかそのものの味ではないけれど、
さっぱりして夏らしい一杯

image

別添えの塩はレンゲに入ってました

image


レギュラーメニューのラーメンはお腹の空き具合によって
時々いただくのが最近の傾向

image

あんず(信山丸)

生のあんずは出回る時期が短いので贅沢なものですが
あんずをたっぷり使ったかき氷をいただくためなら
諸々の無理も厭わないと思わせる力がある

image

マルミツ農園の桃(夢しずく)

マルミツ農園さんの桃はすでに6、7種類めかも・・・
桃のように酸味のない果実にはあまり関心がないので
1種類目から食べ逃してるけど、まぁ仕方ないですね

甘くてトロトロなシロップは苦手なのだけれど
これは粘度が強すぎず甘過ぎないので美味しいと思いました


image

カシスブラックベリーレモン

カシスもブラックベリーもレモンも国産のものを使用
一言で書くと簡単だけど、レモンはともかくとして
すぐり類は国産の生のものを手に入れるのは大変だと思う
全て大好きな素材だし、店主の腕が確かなので好きな味に決まってます

image


あんず(信州大実)

これは個人的には酸味がちょっと足りなかったかも

image

関さんちのラズベリーれもんカシス

限定2食のラズベリーミルクをアレンジしてくれました
酸っぱ好きにはたまらない酸味氷となり大満足


image

トマトときのこのつけめん
映像には映ってないけど、もちろん麺もあります(笑)
トマトの酸味が好き、もっと辛くしてもいいと思う

image

マルミツ農園の桃(白鳳)

白鳳は市場に多く出回っている品種ですよね
今年は生の桃は1、2回しか食べてないけれど
その桃は白鳳でした

生でいただいものよりも、このかき氷が好き(笑)


image

関さんちのあんずミルク(信月)

信月という品種は今年初めていただきましたが
果肉が固くてなかなか煮溶けないのがいい

今年いろいろいただいた生あんずのかき氷の中でも白眉

果肉たっぷりなこの杏にはミルク氷が合います
限りあるあんずゆえ1度しかお目にかかれず残念

image

和三盆味噌ミルク金時

味噌餡ではないけれど味噌餡ラヴァーにはたまらない一杯
ただの味噌ではなく、麹の甘さの活きた味噌に柔らかなミルク氷と
ほどよく煮えた金時の贅沢な組み合わせ

らーめんにも使用している信州上田・大桂商店さんにお願いして、
特別に仕込んだ味噌を分けてもらっているとのことですよ

image

ブラックベリー夏みかん

メニュー名からは夏みかんシロップかなと思いましたが
予想に反して
中に夏みかんの果実そのものがごろっと入ってました

image

毎年かき氷の日=7月25日に出している氷担担麺
一昨年、去年に続いて今年もいただけました

白っぽくみえるところがかき氷になっていますが
キューブの氷と違ってすぐに溶けるので
具と麺とも馴染みが良く、全体を冷やす効果あり
今年はスタッフのはじろさん発信で激辛オプションがあり
もちろん激辛versionでいただきました、満足~♪♪♪

image

関さんちのサワーチェリーよーぐる(シャッテンモレロ)

待ってました!といいたい一杯
今夏は自分でもサワーチェリーを取り寄せましたが
加工すると本当に素晴らしいスイーツになる素材だと思う

あー、またこれに出会えないかなぁと嘆息しちゃう

image



image

火曜日は本来は定休日ですが、最近は変則営業の日もあります
メニューも通常と違い、この日は、ニューラッキーヌードル
かなり濃い味ですが、ネギとチャーシューだけとシンプルなのがいい
店主さんが四国出身ということもあるのか青ネギ使用ですが
個人的には白ネギが合うんじゃないかと思った

image

人気店ですが、他のかき氷専門店のように何時間も待つことはなく、
今やここ一軒でほとんどかき氷欲は満たされてます



店舗情報(Teitter) ねいろ屋

東京都杉並区天沼3丁目26−14

「慈げん」の進化は止まらない

暑い街、熊谷もこの日はそこそこの暑さでしたが
やはり「慈げん」は熱かった

image


平日の昼間ならと思ったのが甘かった
すでに駐車場の後ろからの並びになってしまいました

そして行列に並びながら待つこと2時間弱
ようやくお店に入れた!

image

この日、この時のメニューです

image


image

まず選んだのはもも黒
私は桃はかき氷にするよりそのまま食べた方が美味しいと思ってる
つまり生でいただく以上のかき氷に出会ってないのです

特にトロトロっとしたネクターのような形状の甘い桃シロップは苦手
でもカラメルベースと聞いてこれは食べてみなくてはと思いました


image

で、これが大正解♪
カラメルと桃のシロップがかかり
中にはやはりカラメルを使ったのかなと思われる
桃のコンポートが入っていて、桃をかき氷にした意義がちゃんとある

image

2杯目は黒みつホイップきなこクリーム
このクリームの美味しさと来たら
どうやったら作れるのだろう
ベースの黒みつのかき氷とお互いを引き立てあう素晴らしさ

image

3杯目は杏にミルク
以前いただいたものと杏の種類が替わり
あまり私の好みではないかもと店主さんに言われたのですが
あえていただいてみました
確かに、酸味があまりないので一寸物足りないかも
「ザ」が付いていないわけがよくわかりました(笑)

そうはいっても「ザ・杏」が美味しすぎるだけで
みの杏にミルクもレベルが高いことは言うまでもない

image

口直しの胡瓜の漬物で口がさっぱりリセットされます

image

新しい店が次々に出来て、「慈げん」さんのような有名店は
メニューを真似されることも多いけれど
次々に他店では思いつかないようなかき氷を生み出し
追随を許さない「慈げん」さん、国宝と言われるのも納得します


店舗情報(食べログ) 慈げん

埼玉県熊谷市仲町45

毎週末は「和果」さんへ♪

3週連続で「和果」さんに伺いました♪
前の週と同じくすももながら
今回はソルダムと貴陽プラムを使ってます

甘さが抑え目なのと果肉をたっぷり使っているのが好きだし
なにせ600円というのは今のかき氷界を眺めると
ずいぶんお得に感じられます


image

3週連続でをいただきました
こちらも濃厚なシロップとコンポートがたっぷりで
一寸氷が足りないかなと思いましたが
カウンターの中で見ていて、氷が足りなそうだと
ちゃんと追加料金などなしで氷を足してくれます

image

夕方伺ったのでシロップも氷もほぼ終了でしたが
少し残ったのでとピンクグレープフルーツを試食させていただいちゃった
これも想像より甘さ控えめでいいなと思いました

結構前からかき氷を食べ歩いて来て
想像より甘くないシロップにはなかなか巡り会えないので
たまに出会うと嬉しい限り

もちろん甘くない=薄いは問題外なのですがね


image

今後の「和果」さんの営業予定↓
夏は短いなぁ

image

今後の営業予定はゆうこさんのブログをご覧ください→

店舗情報(FB) 和果 Café戸田日和内で限定提供
戸田市本町1-3-20

「翠玉堂」新作メニュー増加中

先日行った時には「やや始めました」だった
行田の「翠玉堂」さんのかき氷

しばしの間に種類がぐんと増えてました↓
image

まずは奈良漬

去年までは生姜だけで生姜の食感もあったのが
梅が入ってシロップ自体も滑らかになりました
私は去年までVersionが好きだったな

image

ルバープ 二便

この店の中では比較的フツーなかき氷
ここの削りと200円というお値段を考えると
近くにあればいいのになぁと思ってしまう

ただ、アクセスが悪いところにあるから
比較的空いているのは確かです

image

新作のゆずこしょう
ベースの糖蜜にゆずこしょうを加えただけではなく
酸味も加えてスッキリしたものになってました

これは好きだなぁ
でも店では全然人気がないそうです(笑)

image

酸っぱいものが食べたくなって梅干しも追加
結構甘いけど、酸味と塩気を
かき氷でいただけるのは貴重ですからね

image

新作のあずきを試食させてくれました
あんこじゃないよってどういう意味だろう
小豆に砂糖を足して煮ればあんこでしょ?
では砂糖抜きなのかって思ったら
全然違うベクトルのあずきでした
確かにあんこではないけれど、ネタバレするとつまらないので
興味をもたれたらぜひお試しください

image

伺った時はものすごく混んでいたのですが
家族連れの方々が帰って店が静かになると
店主さんの食べ物に対するこだわりが聞けて楽しい

やっぱり、こんな店他にない!!



店舗情報(食べログ) 翠玉堂
行田市行田5-7
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
最新記事
最新トラックバック
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
    Powered by KAYAC