epicurean

丈夫な胃袋を頼りにおいしいものを求めて西へ東へ♪

2014年07月

「たいやきや ゆい」和むかき氷

私としたことが・・・
このお店の事を書くのをすっかり忘れていたました

国立の「たいやきや ゆい」さんのかき氷が6月から始まっていたのですよ
最初に行ったのは今季営業の初日

店に着くと外に行列、一巡目を逃したのかと思ったら
少しオープンが遅れていたのでした

最初にいただいたのはなつみ
温州みかんをギュッと濃縮した味は
ポンジュースを美味しくしたものをイメージするとわかりやすい

image

いろいろ悩んで2杯目はいちごにしました
苺の甘さと酸味を味わうには
ミルクなしがいいと私は思っています

image

偶然お会いしたaiさんとお隣どうしだったので
味見&写真も撮らせていただきました
抹茶あずきとネーブル
抹茶ものは自分ではほぼたのまないので
こうして少しだけいただけると嬉しい
その場で立てた抹茶は香り高くフレッシュ感がありますね
ネーブルは苦味と酸味もあり、これは寧ろなつみより好き

imageimage

2回目に行った時はまず弓削瓢柑をいただきました
初めての柑橘でしたが、味はグレープフルーツに似てますね
形が瓢箪に似ているのでこの名前が付いたらしい

image

すももは大石早生ですね
酸味もありますが結構濃厚だと思う
色が淡いのは皮を色づけにしか使っていないから

image

3回目に行った時は実は心に決めたものがあったのですが
店に入った途端に煮豆のいい香りに圧倒されて
珍しくあずきものを注文しました
小豆きな粉ミルク

きな粉と小豆といった和菓子に使うような素材は
かき氷の世界ではむしろ古参、間違いのない組み合わせですが
小豆が甘過ぎなかったのが個人的には嬉しい

image


この日の本命はあんず
長野千曲産の信州大実を使ったシロップは色が綺麗

ご主人はただ砂糖を加えて加熱しただけとおっしゃいますが
あんずのいいところを素直に引き出した印象

image

一寸足りなかったかもと追いシロップを付けていただけて嬉しい

image

ゆいさんは店主ご夫婦がいつもにこにこと接客されていて
お店に伺うと、とっても気持ちが落ち着くのですよね
目の前でかき氷を作る様子を拝見できるのも楽しくて
国立からの道のりは遠いけど、通いたいお店です♪


店舗情報(HP) たいやきやゆい
国立市西2-19-12ヘリオス国立1-B
 パンとお菓子mimosa店内

最強店の最強パフェ♪

私がパフェに目覚めた店にして、今でも1番好きな店「フルーツパーラーフクナガ」

私的最強店の私的最強パフェはプラムパフェに他ならない

そのプラムパフェが7/28からついに始まりました♪

image


パフェのキモ、プラムシャーベットは大石早生、飾りはサマーエンジェル、満足どけどすぐ食べ終わる(笑)

江ノ島「SE1」地蛸のPizza、マンゴーサンデー、パッションジェラート

とある週末、江ノ島へ行ったのはもちろん「SE1」へ行くため
ジェラート屋さんですが、Pizzaがいただけるのが嬉しいのです

この日は佐島産の地蛸を使ったPizza
短時間だサッと焼き上げたもっちりPizzaは大好き

image


もちろん食後はジェラートもね
まずはマンゴーサンデー

マンゴーデザートにはさほど興味はないけれど
これはミルクジェラートとマンゴーの組み合わせがいい

image

トマト、パッション&カルダモン
トマトの青臭さを残したジェラートに
大好きなパッションフルーツを使ったジェラート

小さくてイートインスペースもわずかだけれど
そこを目指してくる客が引きも切らず
店主さんも大忙しながら笑顔で応対してくれたのが印象的でした

image

店舗情報(HP) The Market SE1
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-6-6

「ウッドベリーズ&マルシェ」日替わりでフルーツが替わるパフェ♪

吉祥寺の「ウッドベリーズ&マルシェ」
毎日ツイッターでその日のパフェのトッピングを
知らせてくれるので、行く回数が増えてます

ある日のパフェは長野の杏がトッピングされると知り
これは行かねばと思った

ウッドベリーズパフェМサイズ
トッピングはあんず、メロン、西瓜、アメリカンチェリー
自分で選べるベースのフローズンヨーグルトは西瓜

杏(信州大実)が大きくて最初はマンゴー?と思ったくらい
生の杏はぼやけた味のものが多いけれど
これはしっかりとした食感が良くて、酸味もあったし
杏好きとしてもなかなか貴重なパフェでした

image


アボカドフェアー中だったのでシングルでアボカドも試してみたけど
これは私には一寸ピンと来なかった


image

↑のパフェとほぼ同じ内容のパフェSサイズ
ベースはすりおろし生姜でしたけれど、やや弱めかな
あんずもかなり柔らかくなっていて初回のものが気に入っていたので
一寸残念だしたが、大体ワンコインでこの内容には満足

image

それからしばらくして・・・またSサイズパフェ
トッピングはメロン・ブルーベリー・アメリカンチェリー
この日行ったのはベースに貴陽プラムを選べたから

実はベースに山のあんずがあった数日に行けなくてとても後悔したのです
やはりある時に行かないとダメですね

今月中は西瓜フェアー開催中なのでまた近々行かなくては♪

image



店舗情報(HP) 「ウッドベリーズ&マルシェ」
武蔵野市吉祥寺南町1-4-1

「かりゆし」から「和果」へ、戸田公園でかき氷営業スタート♪

昨年の夏に「ねいろ屋」さんと、1、2を争うくらい
良く通ったかき氷の店が椎名町の「かりゆし」さん

駅前のたい焼きやさんですが、「松月」さんの天然氷を使い
ご主人自慢のあんこや奥様手作りのフルーツシロップを
用いたかき氷が美味しくて、家からも近いので
大変重宝していたのですが、今年2月に閉店してしまいました

その後どうされているのかなと思っていたら
奥様のゆうこさんが7/20から戸田公園の
「戸田日和」というCaféでかき氷を提供されるという
嬉しいニュースが飛び込んできました

駅からは約10分、ここを入るとお店の目印♪

image

こんな外観のこぢんまりとしたCafé

image

かき氷のメニューはこちら↓
和メニューと果実メニューが店名「和果」の由来ですね♪
お値段が550~600円は嬉しいなぁ(市販シロップのものは400円です)


image

完熟梅ヨーグルト

完熟の南高梅を使ったところ、思ったより甘く出来たので
ヨーグルトと合わせたそうですが、私は梅シロップだけの方が好きかな
この辺りは好みの問題ですけどね

image

とても楽しみにしていたあんず
(メニューの最下部にあったのですが切れてしまいました)

昭和という品種のシロップにハーコットのコンポートを添えてあります
ハーコットのコンポートで出来たシロップも中にかけてるようでしたが
これはあんず好きにはたまらない一杯でした

やはりシロップ+コンポートはあんず充足感が高い
あえて違う品種を使ったのも良かったのかもしれませんね

image

今回は果実のかき氷しかいただけなかったけど
あずきを使ったかき氷のあずきの量が凄かった!!
次回は黒糖あずききなこも食べたいっと思いました

Caféのスタッフさんもいらっしゃいますが、
かき氷はおひとりで作っているので
少々時間はかかりますが、ゆったり出来るCaféなので
時間にゆとりを持って伺いたい店ですね

今月は21日、26日、27日に14時~営業予定です

今後の営業予定はゆうこさんのブログをご覧ください→

店舗情報(FB) 和果 Café戸田日和内で限定提供
戸田市本町1-3-20

本日オープン!浦和に出来たかき氷の新店「蔦」


かき氷の専門店なんてあるんだぁと思ったのはまだ数年前なのに・・・
(私が知る大分前からお店はあったと思います)

もう今やかき氷の新店ラッシュかというくらい次々に出来ている昨今、
新鮮味が薄れてくるのは致し方ないところ

新しいお店は他の方の感想などを拝見してから行くことが多いのだけど
ちょうど今日はこちら方面に行く機会もあり、
駅からも近いらしいので行ってみました

浦和に出来た「蔦」さん
この店の特徴は長年学校給食を作ってきた
栄養士の方が女性シェフだということ


image

入口に受付?があって先にお金を払うシステム
埜庵とかひみつ堂もそうですね

なんとなく杏か李があるかなぁと期待していたのですが
このメニューを見てしばし悩みました

しゅわしゅわみかんはサイダーを使っているのだとか

甘いのが得意でないので
「1番甘くないのはどれでしょう」と尋ねたら
抹茶あずきと言われてまた迷う
そう、フルーツの方が断然好きなんですよ

フルーツの中ではどれがと聞くと
フルーツは全部甘めですとのこと・・・うーん
その後もいくつかやりとりがあって
結局選んだのは

image


ぴーち姫です
マリオを連想しちゃうのは歳のせいか?

どのくらい甘いのかと恐る恐るいただくと、
んっ、そんなに甘くないよこれ
桃の持ち味を素直に活かしていていいと思います
ところどころに果肉が感じられるのも好き

シロップも過不足なく丁度いい塩梅
初日は浦和がお祭りなこともあり600円で
使い捨て容器での提供でしたけれど
店内でゆっくりいただけるので、この価格は嬉しい

本来は全て800円だそうです
image

店内がとても広くてビックリしました
そして長年学校給食に携わりというフレーズから想像していたより
全然若い女性が店主さんでした

通年営業を目指しているみたいだし
また機会があれば行ってみたいと思います

imageimage


店舗情報(HP) 
さいたま市浦和区高砂1-8-11

「慈げん」ザ・杏、ザ・すいか

7月になってからは初訪で友人ふたりと「慈げん」さんへ
開店前の行列は必至ですが、早めに行ったので2組目で入れました
開店前に並んでも、一巡目に入れないとかなりな待ち時間になりますからホッ!


image

一杯目は甘酒にパイン

まず甘酒がとても風味が強くてしっかりしてるところが好き
その甘酒にパインを合わせるセンスが慈げんさんならでは

パインは果肉が入っているわけではないのだけど
強い甘酒に負けず、ちゃんとパインだなと感じられます

image



2杯目は豆かん氷、寒天との接地を少なくするための球体氷が
この時は一寸傾いてましたが、形はあっても決してカッチリ固まってない
さっぱりめな黒みつをかけながら寒天と馴染ませていただくと美味しい

image

友人オーダーのオレンジ系ミルクにレモンクリーム
通称オミレ、私もレモンクリーム好きです♪

image

これも友人チョイス、カラメル玄米ミルク
玄米の香ばしさがいいんですよねぇ

image

すいかはこの時は山形庄内さんの姫甘泉

image

見ただけでテンション上がるこの器と西瓜の香り
これは、すいかの季節には逃せない一杯

image

箸休めならぬスプーン休め?胡瓜の漬物で甘さリセット
といっても慈げんさんのかき氷はそんなに甘くないのだけどね

image

今年の杏は平和から信州大実に替わっていました

image

ザ・杏
慈げんさんはどれをいただいても美味しいけど、
やはり杏は私にとっては特別な一杯

シロップとコンポートの二重構成ですが
中に重いものを入れてみの形を作るのはかなり難しいそうです

氷よりあんずの量が多いのではないかと思えるくらいな
あんず充足度が素晴らしい一杯

image

すいか、すもも、杏と「ザ」を名乗るのは伊達ではない!
かき氷界のトップの矜持を感じたければこの店に行くしかない、と思います



店舗情報(食べログ) 慈げん
埼玉県熊谷市仲町45

ややかき氷始めました!「翠玉堂」

行田のパン屋さん「翠玉堂」さんで
今季もかき氷営業が始まりました♪

が・・・まだ目が半開き(笑)
 
「ややかき氷始めました。」と張り紙があります

image


かき氷メニューもまだ少な目です↓
〈みそさんしょう〉と〈一時的に人生をだいなしにするシロップ〉は
去年からの持越しですね

でも、今年も料金据え置きが嬉しいなぁ
小なら5杯いただいても1000円だもの
大したことのないかき氷で平気で1000円近く取る店あるのですもん

image


トマトはオリーブオイル・塩・胡椒をかけていただきます

image

友人が大好きなとうもこし
こんがり焼いてほぐしたものをシロップに浸けこんでいます
このかき氷には醤油が付いてくる

image

みそさんしょうは、氷ごとお店で買ったパンに載せて食べるのが好き
これぞ本当の意味で新感覚かき氷ではないかしら?

image

いちごシロップは練乳だと+50円、安いバルサミコ酢は100円
高いバルサミコ酢はなんと+1000円

当然のごとく安いバルサミコ酢をチョイス
でも瓶ごと出してくれてたっぷりかけられたので満足度大
それに安いと言っても粗悪品なのではないレキとしたパルサミコですよ

高いバルサミコ酢が高級品すぎるということね
image

相変らず、やる気なさげなご主人ですが
実はかなりの混雑もひとりでテキパキ捌くやり手

今後は新作も含めていろいろなシロップが登場しそう
なので遠いけれど、また行かなくてはね♪

店舗情報(食べログ) 翠玉堂
行田市行田5-7

逗子「Spice tree」行列で待たされても、待った甲斐のあるカレー

「霧原」さんの後は、やはり前回同様に「Spice tree」
雑誌に取り上げられたり注目度が増していることもあり
この時は2時間近く待ちましたね

+料金でカレー二種盛りにしていただけることが分かったので
〈エビとカニとココナッツ〉中辛〈ポークと赤唐辛子〉辛口
image


魚介は肉よりずっと好きなのですが
意外と美味しい魚介のカレーって食べてない気がします
なのでこの時のエビとカニには感動しちゃった
ココナッツが強すぎるのは好みでないのですが
ちゃんと魚介が主役になってる、質も火の通しも絶妙

もうひとつのポークカレーがまた絶品
辛さはさほどではないものの酸味が効いてて
なんとも後を引く美味しさ、得意でない肉も美味しくいただけました


image

食後にクルフィ(インドのアイスクリーム)もいただいたのですが
なぜか画像がない、クルフィも美味しくて
2時間近く待った甲斐がある魅力的な店だなと思う

店舗情報(HP) 「Spice tree」
逗子市逗子7-6-25





「霧原」オリジナルな新メニュー続々と♪


4月の今季営業開始以来何とか月1ペースで通っている「霧原」さん
今回は友人とふたりで行ったので4種類♪

アメリカンレモネードは葡萄色なのが意外、
上は赤ワインを使ったシロップでレモンのシロップは中に
柑橘の酸味が苦手な友人は早々にギブアップしたけど
私はもっと酸っぱくてもいいくらい、こういう路線が大好き

でもなかなか酸味に特化したかき氷ってないからね
こういうのを作ってくれる店主が頼もしい

image


メロンはそんなに好きじゃないんだけどねと言いつつも
試してみよっかとたのんだ一杯は思ったよりずっと美味しかった

image


ナッツと塩キャラメル、ナッツのザクザク感が好きなので
これは絶対食べようと決めていた一杯

甘さもあるけれど苦味と塩味が嬉しい

image

すももみるく、すもも大好きなのでこれまた外せないのですが
最初に上部のすももシロップを食べ過ぎて
最後はシロップが一寸足りなくなってしまった

ミルクをあまり使わなかったのが敗因
店主の計算通りに食べなかったのが良くなかった

でも最初の一口は美味しかったな
image

この後、店主さんは体調崩してしばらく休んでましたが
最近、また営業を再開しています
ただし、悪天候の日は休業になることも多いので
心配な方は店主のツイッターチェックをお忘れなく!


店舗情報(食べログ) 霧原
神奈川県三浦郡葉山町一色653
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • スリランカ料理の魅力を教えてくれるアハサ食堂のスリランカ料理
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
  • 春のおやさいたんめんversion2と夏みかんミルク「ねいろ屋」2016/5-⑥
最新記事
最新トラックバック
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
    Powered by KAYAC